魂が望む人生

今朝、ふっと10年前のことを思い出して、
感謝に溢れたことを書いてみます。

2011年〜2012年は、
私にとっていつにも増して濃密な期間でした。

宇宙の転換を迎えたその年(2012年)は、
私に限らず、
誰もが新しいエネルギーを受け取る予感と共に、

神聖な手放しをする準備、
新しいスタートをする準備を、導かれていたことと思います。

2013年。
それまで行っていたエステの仕事を卒業し、
新しいスタートをしました。

前半は毎月のように、
フィンチグレース史ファウンダー(以下 史さんと記載します)
(当時はマスターティーチャー、後にプリンシパル)が、
開催するコースを東京まで学びに行きました。

そして後半は、
史さんに、
札幌市(当時住んでました)までいらしていただいて、
コースを開催することもできました。

私は以前から、
スピリチュアル個人セッションを仕事としていたので、
自宅以外に仕事場を保っていましたが、
エステの仕事を卒業した時、
使用していたエステベッドやスチーマーなどを運び入れていたため、
かなり手狭になっていました。

個人セッションは、
十分できるスペースでしたが、
コースやワークショップを開催するには、
手狭なのが気になっていて、
ある朝、
東京にコースを学びに行く際、神聖な存在に、
「今後、私が仕事をしていく上で必要な、最善の場所を与えてください。」
と、祈りました。

もちろん、完全にサレンダーしていますから、
今の場所で十分ということであれば、
そのこともハートは受け入れてました。

東京に向かい、
コースを受講し4日後に戻ってくると、
なんと!
お向かいの部屋が、空き部屋となっていました!

私が東京に行っている間に、
お引越しされたということです。

これは!
奇跡!
即!行動だ!

ということで、
新しい仕事場を受け取る恵をいただいて、
そこでは、
私の仕事や、史さんをお招きしたコース、海外講師と史さんをお招きした個人セッションなど、活発な活動を行うことができました。
心から感謝しています。

そして、
共に働きあい
愛のサポートを与えてくれていた、

建物や土地、
自然界のエレメンタルにも、
心から感謝しています。

あれから10年。

4年前から、自宅で(zoomオンライン)仕事をし、
3年前、札幌市から余市町へと移住もしました。

自分を愛することを続け、
時には、
自分の闇や影とも出会い、
また自分を愛し、
困難や壁がきたときも
自分を信じ、
望む人生を歩いています。

望む人生とは、
魂が決めてきた人生ということです。

魂が望む人生を歩くことが、
スピリチュアルなのだと、
実感しています。

ここが自分自身の、
最も大切で神聖な中心軸。

望む人生を共に歩いていきませんか。

2023年も、
無料個人セッションを開催します。

ゴールデンハートアカデミー入学相談
・個人のご相談

お気軽にお声かけください。

新しい年!新しい出会い!
益々発展していきましょう!

素晴らしい体験談もどうぞご覧ください。
Thanks Giving

感謝を込めて